Page in English

"One left" カードゲーム

対象学年: 小2〜大人
目的英語: 数字家族野菜前置詞

Crazy 8という伝統的なゲームをGenkiEnglish版にして、英語の練習ができるようにしてみました。UNOというゲームなども同じCrazy 8が元になっているので、ゲームのルールを知っている先生や子どもも多いかな?

ここでいくつかの版を紹介します。まずはクラシックの『色と数字』版、そして『家族と野菜』、そして『前置詞』版もあります。これはこのゲーム魅力です、ばらばらのテーマをつなぐ英語として練習に使えます。他のテーマのリクエストがあれば、ぜひご連絡ください

普通通りで、このゲームは別料金の商品ではなくて、スーパーパックを買った人の『ありがとうプレゼント』として、無料で印刷ができます。スーパーパックを購入してから、オーナークラブのIDを入れて、すぐ遊べますよ!


&数字
e.g. red 7
教科 & 曜日 前置詞
e.g. Baby Monkey is
under the table.

天気 &
e.g. In Canada, it's sunny.
人称代名詞 (he, she,
they, we, I, you) & 文房具
e.g. He has a pencil.
&
e.g. the red boots
             
 


New: クリスマス風前置詞
 

家族&野菜
e.g. Dad likes carrots.
 
   

&
   
             
     
       
 &果物    ハロウィン &     Haunted House
e.g. Skeleton is in the kitchen.
   
             
 部屋 & I'm .... ing
(文字なし版)
           



Here's how to play.



1. カードを1人7枚ずつ配る
2. 残りは裏向きに重ねた「山」にして机の中央におく
3. 英語のじゃんけんで最初の人を選びましょう。


4. 英語を言いながらじゃんけんを勝った人はひとつのカードを置く。 たとえば "Red 3."
5. 次の人は同じ色、もしくは同じ数字のカードを上に置く。たとえば、最初のカードはred 3だたら、次のは人はblue 3, green 3やyellow 3を置けれる。


... もしくはどれでもの色の7のカード、例えば、red 7


6. 出せるカードがない場合はパスをして、山から1枚カードをひきます。

7. 次のプレーヤーから続く。

8. 手持ちのカードがなくなった人から勝ち!

カードは数字が書かれたものと、特別のカードがあります。

"Skip" Card:
カードを出した次の人は一人順番をとばされます。
Reverse Card:
順番が反対周りになります。
Draw 2:
カードを出した次の人は山からカードを2枚ひきます。
Draw 4:
カードを出した次の人は山からカードを4枚ひきます。また色も変更できます。
Wild Card:
色を変更できます。

作戦とたくさんの英語が入っているゲームですね。色と数字の版はとても楽ですが、野菜家族の版では"Brother likes carrots"の練習ができます。前置詞の場合は"Baby Monkey is under the table."の文章を言わないといけません。もちろん英語でいえなければ、カードが置けないので、山からカードを取らないといけません!





このサイトが気に入ったら、ぜひ友達に知らせてね!

限定提供:フェースブックで「いいね!」したら無料で歌をゲットしよう!

 



Copyright (C) 1999/2014 by リチャード・グレアン
www.GenkiEnglish.com

あなたの留学先はどちら?

 

小学校英語 - CDの注文 - 子供英語教材 - 小学校英語教育アドバイス - 小学校英語カリキュラム - ひらがな練習
小学校英語指導案 - GenkiEnglishって何?- 子供英語 -問い合わせ - 英語勉強法 - 幼児英語教材 - フォニックス